2012年10月16日

外での顔

子どもって、大人と同じように家での顔と外での顔を持っているんですよ。

「周りのことをよく見ている」ので、空気を読むのがうまいんだと思います。

保育園に預けられた保護者の方が、外からそっとあそんでいる様子を見ると「家と全然違う!」と驚かれることがよくあります。

家では「いやだ!」と言ってやらないことも、保育園ではきちんとやっていたり、一人ではあそばないはずの子どもが、保育園では黙々と集中してあそんでいたり・・。

周りに同じ年齢の子どもがたくさんいて、その子どもたちがやっているのを見て「自分もやらないと」と思っているのでしょう。

そして、いつも甘えられる両親ではなく、保育士がいることで、家とは違ってピリッとするのでしょうね。

大人も家ではダラッとしていても、外に出るときちんとしようとする・・これと同じことです。
posted by スマイリー at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て&保育