2012年11月30日

3か月の赤ちゃん

先日、3か月になったばかりの赤ちゃんが来てくれました。

寝ころんで、キュッと玩具を握る手がとてもかわいかったので、思わず写真を撮ってしまいました。

   CIMG3794.JPG


必死でつかんでいる手、本当にかわいいです!!


2012年11月29日

献立

毎日3食、離乳食を作るのは大変ですよね。

しかも、できるだけ食品が偏らないように・・なんて言われてしまうと余計に悩んでしまうでしょう。

大人用に作っているとき、味付けをする前に取り出して、軟らかく煮こんで出すだけでも十分ですから、わざわざ子ども用の献立を考えなくても、大人の献立を考えるのと同じようにすればかなり気持ちがラクになるかな?と思います。

それと、便利なのは市販のベビーフードです。それを使っても良いですし、お店でパッケージを見てメニューを参考にすると良いですよ。

ベビーフードって美味しそうですよね〜。思わず見入ってしまうこともありますあせあせ(飛び散る汗)

最近ではネットでも離乳食用のレシピが調べられますから便利ですよね。

とにかく、無理なく作れるようにすることが大事だと思います。


posted by スマイリー at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) |   食事

2012年11月28日

秋の壁面装飾

この1ヶ月くらい飾っていた、壁面装飾をご紹介。

   CIMG3789.JPG

落ち葉がちょっと地味な雰囲気になってしまいましたが、子どもはよく見てくれていました。


次は、クリスマスの装飾を考えないと・・。


2012年11月27日

麺類ばかり

麺類が好きで、麺ばかり食べる・・という子どももよくいます。

うどんやそうめんは、初期食から食べられます(軟らかくゆでて細かく切って下さい)し、パスタやマカロニは後期食から食べられますから、なかなか便利ですし、子どもも大好きですよね。

パスタやマカロニも大人よりも軟らかくゆでて下さいね。


麺類ばかり食べると心配にはなりますが、トッピングや混ぜる具を工夫して、栄養のバランスをとれば、別に気にしなくて良いと思います。

意外と野菜類も食べやすくなるかもしれませんね。

味付けを出来るだけ薄くすることを心掛けて下さい。

それと、インスタントの物は食べさせない方が良いです。油脂や塩分が多いですし、添加物も含まれていますから・・。味も濃いですしね。

posted by スマイリー at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) |   食事

2012年11月26日

食が細い

離乳食に限らず、幼児食になっても食べる量が少ないと悩む方、いると思います。

そういうとき、1回に食べる量が少ないからと回数を増やしたくなりますが、発育が極端に悪いわけではない場合、回数を増やすよりも、1回に食べる量を増やすようにした方が良いですよ。

食が細い子どももいます。もしかしたら、そういう時期なのかもしれませんし。

あまり悩む必要は無いと思います。どうしても気になる場合は、小児科や健康診断などに行ったときにでも専門家に聞いてみると良いですよ。


まずは、おなかがすくように仕向けるため、充分あそばせたり、外の空気に触れさせたりするのも効果的です。


posted by スマイリー at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) |   食事

2012年11月22日

偏食(卵嫌い)

昨日に引き続き、偏食について。

卵が嫌いという子どももいると思います。オムライスや卵焼きなどをあげるとベッと出すことも・・。

こういう子どもの中には、卵アレルギーのせいで、敏感になっている場合もありますので、注意が必要です。

アレルギーでは無いのに食べないときは、意外と茶碗蒸しなんかだとツルンとしていて食べやすいこともあります。子どもってプリンとかゼリーとか好きですもんね。

また、子どもの好きな食材とうまく組み合わせて混ぜても効果的です。


それでも食べない場合でも、卵のたんぱく質は魚、肉、チーズなどの乳製品にも含まれていますので、それらを食べていれば大丈夫!


昨日も書いたように、食べないからといって出さないのではなく、毎日ではなくても良いので、出すようにして下さいね。食べたくなるときが来ることもありますので・・。

posted by スマイリー at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) |   食事

2012年11月21日

偏食(野菜嫌い)

昨日と重複する部分もありますが。


偏食があると心配になりますよね。特に野菜嫌いの子どもは多いです。

1歳前後になると特に増えるようです。

食べてくれないと栄養が偏るのでは?と気になりますが、他の食材からも栄養は摂れるのでそんなに心配しなくても大丈夫ですよ。

ビタミンは魚や肉、乳製品、果物にも含まれますし、ミネラルは海藻類にも含まれています。それらから摂れば良いわけです。それも食べない・・・でも、健康に育っていれば大丈夫です。

今は嫌いでもそのうち食べるようになることもあります。

嫌いだからと、出すのを止めるのではなく、嫌いな物も常に出すようにして下さい。ある日突然食べることがありますので。


posted by スマイリー at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) |   食事

2012年11月20日

完了食

いよいよ離乳食も終わり・・完了食は11〜12か月です。

幼児食に移行する前の総仕上げって感じの時期ですね。

幅広い食品を使って、調理法も工夫しましょう。色んな食品に慣れておくと、偏食の予防にもなりますよ。この頃になると、大人の食事を少しアレンジするだけで食べられるので、作るのも少し楽になりますね。

そして、手で食べる練習も進めていきましょう。スプーンがうまく使えなくても、スプーンを持つように促して、すくって口に運ぶ手助けをしながら、少しずつ自分で食べるように仕向けて下さい。

ただ、離乳食を食べたがらない現象が起きることもあります。そういうときでも健康に育っていれば心配ありませんので、あまり無理強いせず、欲しがるだけあげて、サッと片付けてしまう方が良いですよ。

時期を外してあげると、意外と突然食べたりするものです。


posted by スマイリー at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) |   食事

2012年11月19日

後期食

後期食は8〜11か月頃。

1日2回食から大人と同じ朝昼夜の3回食にしていきましょう。

歯が数本生えてくる子どもも多いですが、あまり上手には使えないので、歯茎で潰せる程度の固さの物をあげて下さい。


中期食の頃と同じように、鉄分が不足しがちなので、赤身の魚や肉、レバーなどをなるべくたくさん入れましょう。

3回食になるとはいえ、1回に食べる量はまだ少ないので、午前と午後に「おやつ」をあげて補充して下さい。チーズや小魚などを中心にしながら、ビスケットなどを添えると食べやすいです。コップに慣れるためにも、粉ミルクをコップであげるようにしても良いですよ。

ただし、離乳食にひびかないように、量を増やし過ぎないように気をつけて下さいね。

posted by スマイリー at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) |   食事

2012年11月16日

中期食

初期食がうまく食べられるようになると、次は中期食です。6〜8か月くらいですね。

この頃になると上手に飲み込めるようになりますので、マッシュよりも少し大きくしても大丈夫になります。

母乳の出が悪くなる頃なので、栄養が不足しがちです。特にたんぱく質(卵、魚、肉、豆類)ビタミン、野菜が不足しないように気をつけましょう。

水分が初期食よりも少なくなるので、水分補給も忘れずに。

のどが渇いていても食べなくなることがあります。大人でもそうですよね?のどが渇いていたらまず汁物から食べたくなるものです。子どもも同じです。


母乳の方は、ミルクへの切替のチャンスでもあります。最近では母乳を長く飲ませた方が良いという考えもありますから、無理に切替える必要もないですが・・。

ただ、保育園などに預ける予定のある方は、ミルクにも慣れておいた方が良いとは思います。


posted by スマイリー at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) |   食事

2012年11月15日

初期食

離乳食はまず、初期食からスタートします。4〜6か月頃です。

離乳食を始めるのは、体調、機嫌の良いときにして下さい。まずは「一品・一さじ」から。

食欲、食べ具合、便の様子などを見ながら進めていきます。良さそうなら分量や種類を少しずつ増やします。ただし、新しい食材のときはまた一さじから。

初めは口から出してしまうこともありますが、くり返し慣らしていって下さい。

母乳やミルクは、離乳食を食べた後にあげるようにしましょう。


初期食が終わる6か月末頃には、1日2回になるようにしていきます。そして、次の段階である中期食で食べる食材を少しずつあげるようにして下さい。


歯も無くて、とっても小さい口で一生懸命食べようとする様子はかわいいですね〜。もぐもぐしているうちに、どんどん口から出てくるのもまたかわいい!

楽しく離乳食を進めて下さいね。

posted by スマイリー at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) |   食事

2012年11月14日

離乳食の目的&開始のタイミング

今日からは、保護者の方からの質問で多い、食事について書いていきます。

始めは母乳や粉ミルクだけで過ごしている赤ちゃんですが、まず離乳食というものを食べはじめます。

母乳や粉ミルクだけでは栄養が足りなくなっていくので、食事で補う必要が出てきます。でも、今まで水分だけしか取ったことのない赤ちゃんがいきなり硬い物や大きな固まりの物を食べるわけにはいきません。

ということで、離乳食があるわけです。


大体、4〜5か月頃、体重7キロくらいになる頃から始めます。

そろそろかな?と思ったら、子どもの様子をよく見てください。母乳やミルク以外の食べ物に興味を示しているか?よだれが多くなって口をもぐもぐするか?スプーンを口の前に持っていくと口を開けるか?

そんな反応が出てくるようになったら、離乳食を始めるタイミングです。

そして、始めてから6か月くらいで完了します。

posted by スマイリー at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) |   食事

2012年11月13日

かみなり

今日の神戸は、朝は晴れていたのに急に雲が出てきて、雷まで鳴りましたね。突然のどしゃぶりに驚きました。

雷のことを怖いと感じるのは何歳くらいからだと思いますか?

保育園で子どもの様子を見ていると、どうやら2歳くらいになると、怖いと感じて泣くようになるみたいです。

0歳や1歳くらいの子どもは、お昼寝中にかみなりが鳴っても全く気づくことも無く、普通に熟睡していますが、2歳くらいの子どもは起きて泣き出します。

もちろん、全員がそうだというわけではありませんが。

大人や周りの子どもが「怖い」と言っているのを聞いているうちに、「雷は怖い物だ」と認識するのでしょうね。
posted by スマイリー at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て&保育

2012年11月12日

子どもの熱

子どもって突然、熱を出しますよね?
今日、来てくれた子どもも、始めは元気に走り回っていたのに、急におとなしくなって、触ってみると熱くなっていました。
測ってみたら熱が・・がく〜(落胆した顔)
すぐにお迎えをお願いしました。


今回の場合は、先週も少し体調が悪かったので、風邪かその他の病気が原因でしょうが、特に理由も無いのに熱を出すこともあります。

大暴れしたり、気温が高かったりするだけでも熱が出ますので、そういうときは水分を取らせて、少しゆっくり落ち着かせると熱もすぐに下がることがあります。

服を1枚脱がせるのも効果的です。


熱が出たときは、機嫌や食欲など、他の様子をよく見て、判断する必要がありますね。

posted by スマイリー at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て&保育

2012年11月09日

子どもが考えていること

子どもの頭の中をのぞいてみたいと思ったことないですか?
私は何度もあります。

言葉を話せない赤ちゃんのときは、特に思います。ある程度の想像はついても、細かいことはわかりませんから。

何をしても泣き止まないときはもちろん、ご機嫌で一人遊びをしているときも、どんなことを考えているのかな?と気になるので、頭の中をのぞいてみたくなります。

時々、難しい表情をしている赤ちゃんを見ると、もしかしてこの子は大人のように物を考えていて「何が『いないいないばあ』よ。面白くないしむかっ(怒り)」とか思っているのではないか?と思うことがありました。そんな風に想像すると笑えたりするのですが・・。「あたちはミルクがほしいのよ!抱っこじゃないでしゅ!むかっ(怒り)」ってねたらーっ(汗)


子どもが何もない空間に向かって手を振っているときも気になりますね。子どもって、そういう物が見えるっていうじゃないですか〜。だからすごく気になります。でも笑って手を振っているときは「良い物(人?)だろうな・・」と安心できるのですが。泣いていたら・・・・怖すぎます。

posted by スマイリー at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て&保育

2012年11月08日

絵本をご紹介

先日、1歳の子どもたちに読んで聞かせて、爆笑して受けた絵本をご紹介。

   51ZTVeVQ4jL__SL500_AA300_.jpg

つちどすん」です。

土だけが出てくるのですが、おだんごになったり、上から落ちてきたり、穴を掘ったり・・という動きが続きます。

その度に「コロコロ」「ざざー」「ドサドサ」といった言葉が付いています。

ちょっと「もこ もこもこ」に似た内容ですね。

ページをめくって読む度に、子どもが大爆笑わーい(嬉しい顔) でした。

posted by スマイリー at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本の紹介

2012年11月07日

初めて預けるとき

初めてお子さんを保育園に預けるとき、泣かれたらどうしよう?と不安になりますよね。

保育士に渡してから、子どもに見つからないようにこっそり出掛けようとされる方が結構おられます。

「バイバイ」して泣かれるのが辛いんですよね・・。わかります。

でも実は泣かれてもきちんと顔を見て「行ってきます」と言って出て行った方が良いんですよ。

初めに泣きながらでもきちんと見送った子どもは、意外と早く泣き止みます。反対に、いつの間にかお別れしてしまった子どもは、しばらくして親がいないことに気づいて泣き出すことになります。

しかも、どこに行ったのかもわからない状態ですよね?いくら保育士が言い聞かせても、見知らぬ大人から言われたことをあっさり信用できるはずもなく・・。泣く時間が長くなってしまいます。

どんなに小さくても「仕事に行って来るからね、必ず迎えに来るから待っててね」と説明してから出掛けるようにして下さい。

その瞬間は泣くでしょうが、心配しなくても意外にあっさりとあそんでいるものですよ。

posted by スマイリー at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て&保育

2012年11月06日

線路作成!

CIMG3784.JPG

木で出来たレールを繋げてあそびました。

2歳の男の子と一緒に作りました。

一生懸命、汽車を走らせていましたよ。

2012年11月05日

お絵描きをご紹介

   CIMG3774.jpg


先日来てくれた1歳児の女の子が描いた絵です。

自分でクレヨンの色を選んで描いたんですよ。

書き終わった後、自分の描いた絵を指さしながら色々と説明してくれました。まだ言葉がはっきりしないので何て言っているのかはわからなかったのですが「これは〜で、こっちは〜」と描いた物を教えてくれていたんだと思います。


2012年11月02日

一人で歩くのは良いけれど・・

歩く練習をする姿もかわいいですし、大人に向かってヨチヨチと歩いてくる姿もかわいいですが、歩き始めると、何だか寂しい気持ちになるんですよねたらーっ(汗)

赤ちゃん時代が終わる気がするんでしょうか??

いつまでも寝ころんでバブバブ言っていて欲しいような・・。先日、来られたお母さんも歩き始めた1歳の我が子を見て「まだ歩かなくて良いのにがく〜(落胆した顔)」とおっしゃっていました。

でも、別のお母さんは我が子が歩かないのを見て「いつになったら歩くのか?」と悩んでおられました。

どちらにしても我が子の成長は気になるものですね。
posted by スマイリー at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て&保育

2012年11月01日

一人立ち&一人歩き

つたい歩きが上手になったら、いよいよ一人立ち&歩きです。

つかまり立ちからふと手を離してみる・・を繰り返しているうちに、一人立ちが安定していきます。

大抵は、おもちゃを持って片手でつかまり立ちしていて、おもちゃに夢中になって思わずおもちゃを両手で持っていた・・という感じで始まります。

大人が「すごいね〜、一人で立ってるね」なんて言って初めて「そうか、一人で立てるのか」と自分で気づく感じです。それから自信を付けて、意識的に手を離すようになります。

一人立ちができると、比較的すぐに一歩出ることが多いです。

一歩出たら次は二歩三歩・・と日々歩く距離が伸びていきます。

怪我も多いですが、見ていてとても楽しい時期ですね。
posted by スマイリー at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て&保育