2012年11月30日

3か月の赤ちゃん

先日、3か月になったばかりの赤ちゃんが来てくれました。

寝ころんで、キュッと玩具を握る手がとてもかわいかったので、思わず写真を撮ってしまいました。

   CIMG3794.JPG


必死でつかんでいる手、本当にかわいいです!!


2012年11月29日

献立

毎日3食、離乳食を作るのは大変ですよね。

しかも、できるだけ食品が偏らないように・・なんて言われてしまうと余計に悩んでしまうでしょう。

大人用に作っているとき、味付けをする前に取り出して、軟らかく煮こんで出すだけでも十分ですから、わざわざ子ども用の献立を考えなくても、大人の献立を考えるのと同じようにすればかなり気持ちがラクになるかな?と思います。

それと、便利なのは市販のベビーフードです。それを使っても良いですし、お店でパッケージを見てメニューを参考にすると良いですよ。

ベビーフードって美味しそうですよね〜。思わず見入ってしまうこともありますあせあせ(飛び散る汗)

最近ではネットでも離乳食用のレシピが調べられますから便利ですよね。

とにかく、無理なく作れるようにすることが大事だと思います。


posted by スマイリー at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) |   食事

2012年11月28日

秋の壁面装飾

この1ヶ月くらい飾っていた、壁面装飾をご紹介。

   CIMG3789.JPG

落ち葉がちょっと地味な雰囲気になってしまいましたが、子どもはよく見てくれていました。


次は、クリスマスの装飾を考えないと・・。


2012年11月27日

麺類ばかり

麺類が好きで、麺ばかり食べる・・という子どももよくいます。

うどんやそうめんは、初期食から食べられます(軟らかくゆでて細かく切って下さい)し、パスタやマカロニは後期食から食べられますから、なかなか便利ですし、子どもも大好きですよね。

パスタやマカロニも大人よりも軟らかくゆでて下さいね。


麺類ばかり食べると心配にはなりますが、トッピングや混ぜる具を工夫して、栄養のバランスをとれば、別に気にしなくて良いと思います。

意外と野菜類も食べやすくなるかもしれませんね。

味付けを出来るだけ薄くすることを心掛けて下さい。

それと、インスタントの物は食べさせない方が良いです。油脂や塩分が多いですし、添加物も含まれていますから・・。味も濃いですしね。

posted by スマイリー at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) |   食事

2012年11月26日

食が細い

離乳食に限らず、幼児食になっても食べる量が少ないと悩む方、いると思います。

そういうとき、1回に食べる量が少ないからと回数を増やしたくなりますが、発育が極端に悪いわけではない場合、回数を増やすよりも、1回に食べる量を増やすようにした方が良いですよ。

食が細い子どももいます。もしかしたら、そういう時期なのかもしれませんし。

あまり悩む必要は無いと思います。どうしても気になる場合は、小児科や健康診断などに行ったときにでも専門家に聞いてみると良いですよ。


まずは、おなかがすくように仕向けるため、充分あそばせたり、外の空気に触れさせたりするのも効果的です。


posted by スマイリー at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) |   食事

2012年11月22日

偏食(卵嫌い)

昨日に引き続き、偏食について。

卵が嫌いという子どももいると思います。オムライスや卵焼きなどをあげるとベッと出すことも・・。

こういう子どもの中には、卵アレルギーのせいで、敏感になっている場合もありますので、注意が必要です。

アレルギーでは無いのに食べないときは、意外と茶碗蒸しなんかだとツルンとしていて食べやすいこともあります。子どもってプリンとかゼリーとか好きですもんね。

また、子どもの好きな食材とうまく組み合わせて混ぜても効果的です。


それでも食べない場合でも、卵のたんぱく質は魚、肉、チーズなどの乳製品にも含まれていますので、それらを食べていれば大丈夫!


昨日も書いたように、食べないからといって出さないのではなく、毎日ではなくても良いので、出すようにして下さいね。食べたくなるときが来ることもありますので・・。

posted by スマイリー at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) |   食事

2012年11月21日

偏食(野菜嫌い)

昨日と重複する部分もありますが。


偏食があると心配になりますよね。特に野菜嫌いの子どもは多いです。

1歳前後になると特に増えるようです。

食べてくれないと栄養が偏るのでは?と気になりますが、他の食材からも栄養は摂れるのでそんなに心配しなくても大丈夫ですよ。

ビタミンは魚や肉、乳製品、果物にも含まれますし、ミネラルは海藻類にも含まれています。それらから摂れば良いわけです。それも食べない・・・でも、健康に育っていれば大丈夫です。

今は嫌いでもそのうち食べるようになることもあります。

嫌いだからと、出すのを止めるのではなく、嫌いな物も常に出すようにして下さい。ある日突然食べることがありますので。


posted by スマイリー at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) |   食事

2012年11月20日

完了食

いよいよ離乳食も終わり・・完了食は11〜12か月です。

幼児食に移行する前の総仕上げって感じの時期ですね。

幅広い食品を使って、調理法も工夫しましょう。色んな食品に慣れておくと、偏食の予防にもなりますよ。この頃になると、大人の食事を少しアレンジするだけで食べられるので、作るのも少し楽になりますね。

そして、手で食べる練習も進めていきましょう。スプーンがうまく使えなくても、スプーンを持つように促して、すくって口に運ぶ手助けをしながら、少しずつ自分で食べるように仕向けて下さい。

ただ、離乳食を食べたがらない現象が起きることもあります。そういうときでも健康に育っていれば心配ありませんので、あまり無理強いせず、欲しがるだけあげて、サッと片付けてしまう方が良いですよ。

時期を外してあげると、意外と突然食べたりするものです。


posted by スマイリー at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) |   食事

2012年11月19日

後期食

後期食は8〜11か月頃。

1日2回食から大人と同じ朝昼夜の3回食にしていきましょう。

歯が数本生えてくる子どもも多いですが、あまり上手には使えないので、歯茎で潰せる程度の固さの物をあげて下さい。


中期食の頃と同じように、鉄分が不足しがちなので、赤身の魚や肉、レバーなどをなるべくたくさん入れましょう。

3回食になるとはいえ、1回に食べる量はまだ少ないので、午前と午後に「おやつ」をあげて補充して下さい。チーズや小魚などを中心にしながら、ビスケットなどを添えると食べやすいです。コップに慣れるためにも、粉ミルクをコップであげるようにしても良いですよ。

ただし、離乳食にひびかないように、量を増やし過ぎないように気をつけて下さいね。

posted by スマイリー at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) |   食事

2012年11月16日

中期食

初期食がうまく食べられるようになると、次は中期食です。6〜8か月くらいですね。

この頃になると上手に飲み込めるようになりますので、マッシュよりも少し大きくしても大丈夫になります。

母乳の出が悪くなる頃なので、栄養が不足しがちです。特にたんぱく質(卵、魚、肉、豆類)ビタミン、野菜が不足しないように気をつけましょう。

水分が初期食よりも少なくなるので、水分補給も忘れずに。

のどが渇いていても食べなくなることがあります。大人でもそうですよね?のどが渇いていたらまず汁物から食べたくなるものです。子どもも同じです。


母乳の方は、ミルクへの切替のチャンスでもあります。最近では母乳を長く飲ませた方が良いという考えもありますから、無理に切替える必要もないですが・・。

ただ、保育園などに預ける予定のある方は、ミルクにも慣れておいた方が良いとは思います。


posted by スマイリー at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) |   食事