2012年12月28日

いつから食べられる?

まず、ですが、卵黄はよく加熱すれば初期食から食べさせて大丈夫です。全卵は9か月頃からこちらもしっかり加熱してあげましょう。

牛乳は、パン粥などに使う場合は初期食から使って大丈夫です。そのまま飲むのは離乳食が終わった1歳過ぎから、加熱してあげて下さい。

バターチーズなど乳製品は初期食から大丈夫です。便秘対策にも使える食材です。塩分の少ないカッテージチーズやクリームチーズなどがお薦めです。

フライ天ぷらなどは、少しの量なら7か月頃から大丈夫です。

焼き海苔は、ミネラルが豊富なので細かく刻んで、おかゆと混ぜれば6か月頃から使えます。

はちみつは、乳児ボツリヌス症の予防のため、1歳までは使ってはいけません。ボツリヌス菌は、乳児の身体に入ると、体内で発芽して症状を引き起こし、重篤な場合は死に至ることもあるので、国からも「満1歳まで食べさせてはいけない」という通達がされています。

お正月になると食べる機会も増えるおもちは、離乳食の赤ちゃんには無理です。離乳食が完了していてる赤ちゃんに食べさせる場合は、ごく小さく切って、目を離さず食べさせて下さい。たくさんはあげないで。3,4歳くらいになると安全に食べられるようになります。


  同じ内容ですが、Facebook やっています。「いいね!」してもらえたら嬉しいです。


次の記事は年明けに書きます。

みなさん、良いお年をお迎え下さい。
posted by スマイリー at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) |   食事

2012年12月27日

乳幼児に好ましくない食べ物

先日も書きましたが、脂肪や糖分の多いものはあまりたくさんあげない方が良いですね。

スナック菓子やジャンクフードは控えめに。食べずに済むならその方が良いでしょう。香辛料が入っているような刺激の強い物や、シュークリームなどの甘すぎる物などもあげない方が良いです。

また、アクの強い野菜(レンコン、ごぼう、たけのこなど)は、子ども自身もあまり好きではないでしょうが、強く進めて食べさせる必要はありません。

香辛料の使われているカレーライスですが、子ども用のルーを使って、香辛料控えめな物にすれば食べても大丈夫です。カレーライスは子どもにも人気ですからね〜。

紅茶やコーヒーもあまり飲ませない方が良いです。どうしても欲しがる場合は、牛乳で思いっきり薄めてからあげて下さい。紅茶(コーヒー)風味の牛乳・・という感じで。

目の前で入れてあげたら、味がしなくても、意外と納得してくれますよ。


次回からは、よく使う食品がどのくらいの時期から食べさせても大丈夫かを書いていきます。



  同じ内容ですが、Facebook やっています。「いいね!」してもらえたら嬉しいです。

posted by スマイリー at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) |   食事

2012年12月26日

クリスマスのプレゼント

クリスマスに子どもたちは、素敵なプレゼントをサンタさんから貰ったことでしょう。

以前働いていた保育園で、クリスマスの翌日に「サンタさんから何をもらったか?」を聞いたことがあります。

それぞれ貰った物を絶叫するような大声で言って教えてくれた子どもたち。

何気なく「先生は何ももらえなかった」と言うと、子どもたちは「え〜!?」と驚き、頭をなででなぐさめてくれる子どももいました。

理由を聞かれたので「先生は良い子にしてなかったから・・」と冗談で言うと、さっきまでなぐさめてくれていた子どもまでも「それはあかんわ!」「救いようがないな・・この人は」という雰囲気になり、サッサと離れて行ってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)


  同じ内容ですが、Facebook やっています。「いいね!」してもらえたら嬉しいです。

posted by スマイリー at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て&保育

2012年12月25日

タンポ筆でお絵描き

   CIMG3831.jpg

これがタンポ筆です。割り箸の先に綿と布を巻きつけただけの簡単な筆。

普通の筆を使うより、この筆の方が小さい子どもにも使いやすくていいですよ。


そして下の写真が、今日来てくれた2人の1歳の子どもが描いた作品。

   CIMG3832.jpg


少しお母さんも手伝ってますが、2人とも上手に塗れました。


  同じ内容ですが、Facebook やっています。「いいね!」してもらえたら嬉しいです。

2012年12月21日

牛乳が苦手

牛乳が嫌いな子どもって多いですね。

栄養がありますし、給食でも出るから飲めるようになってほしいところではあります。

小さいときは飲んでいたのに、あるとき突然飲まなくなるということもあります。


栄養については、何度も書いたきたように、別のもので摂ることは可能なので、心配することはないと思います。

給食で出るようになると、周りの子どもにつられるようにして、飲めるようになることもあります。お友だちの影響ってとても大きいものですから。

身体にも良いということを理解できるようになって、自分から飲むようになることもあるでしょう。

のどが渇いているときに、冷たい牛乳を出すと、飲むこともありかもしれません。

焦らず少しずつ進めていって下さい。


  同じ内容ですが、Facebook やっています。「いいね!」してもらえたら嬉しいです。

posted by スマイリー at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) |   食事

2012年12月20日

サンタさ〜ん

もうすぐクリスマスですねクリスマス

小さい頃って、サンタさんの存在を純粋に信じて待っていましたよね。
でも、幼稚園や小学校でお友だちが「サンタはいない」と言うのを聞いて初めて疑いをもつ・・あせあせ(飛び散る汗)

私もそういう時期がありました。友だちと話をしていたときに「子どもはた〜くさんいるのに、サンタは一晩でそんなにプレゼントを配ってまわれるのか?」という疑問が浮かんだわけですよ。(今思えば嫌な子どもですね・・)

当然、両親に聞いたわけです。そのときの両親の返事はこうでした。
「サンタさんは忙しくて確かに一晩では配れないから、お父さんの所に来て『代わりにあなたの娘さんにイヴの夜に渡しておいてくれ』と頼んでるんだよ」・・「なるほど!」ぴかぴか(新しい)←と思った私はやっぱり子どもでしたね。

そのときはかなり納得して、父親が毎年サンタに会っているということに感動もしたんです。

大人になってから、自分に子どもができたら同じように言おうと思い、親に感謝してたんですけど・・、その話をしたら親は「え?そんなこと言った?覚えてない」・・え!?感動してたのにふらふら

ということで、この話が本当にされたかどうかは謎のままですが、これなら少し大きくなっても信じていられるのではないかな?と思います。


  同じ内容ですが、Facebook やっています。「いいね!」してもらえたら嬉しいです。

posted by スマイリー at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て&保育

2012年12月19日

噛むのが苦手

普通食になっても、固い物や大きな物を噛むのが苦手な子どもっていますね。

そういうとき、大きな物が食べきれないからといって、少し小さく切ってしまいがちです。そうすると、あまり噛まずに飲み込めてしまうので、逆効果。

焦らなくても、そのうち上手に噛めるようになってきますから、心配しなくてもいいのですが、噛む練習するには、子どもが好きな食べ物を使うと良いですよ。

その食品を小さく切るのではなく、薄く切るようにし、それを少しずつ厚くしていくと慣れていきます。

自分で手で持って食べられるようにするのも良いですよ。


  同じ内容ですが、Facebook やっています。「いいね!」してもらえたら嬉しいです。

posted by スマイリー at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) |   食事

2012年12月18日

ベビーラックに・・。

   CIMG3819.jpg

4歳の女の子がぬいぐるみをベビーラックに乗せていました。

きちんとベルトまでしめて、座らせていたので、あまりのかわいさに写真を撮ってしまいましたわーい(嬉しい顔)


  同じ内容ですが、Facebook やっています。「いいね!」してもらえたら嬉しいです。

2012年12月17日

哺乳瓶の使い方

夜、哺乳瓶を使ってミルクやジュースを飲みながら眠るという子どもは多いと思います。

子どもがスムーズに眠ってくれるからついつい、哺乳瓶を使いがちですが、歯が生えてからもそれを続けてしまうと、虫歯の心配が出てきます。

眠っている間は唾液の分泌が少なくなるのに、口の中に糖分を残したままになるので、細菌が増えてしまいます。

そんな状態を続けると、虫歯になってしまいます。

何かを飲ませたいなら、コップで飲ませるようにしましょう。できれば麦茶などにし、歯磨きもしてあげて下さい。

まずは、昼間の哺乳瓶から卒業させるようにして、少しずつコップで飲むことに慣れさせていきましょう。


  同じ内容ですが、Facebook やっています。「いいね!」してもらえたら嬉しいです。

posted by スマイリー at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) |   食事

2012年12月14日

離乳食完了の目安

離乳食の完了とは、歯やあごの力でつぶせる固さの食べ物が食べられるようになることをいいます。

ただ、個人差がありますので、1歳半くらいになっても軟らかくしないと食べない・・というお子さんもいます。

そんな子でもも、焦らず、徐々に固さを変えていき、そのうち食べられるようになれば良いなというくらいの気持ちで、食事を進めていって下さい。

きっと、気づけば幼児食になっていた!となると思いますよ。



  同じ内容ですが、Facebook やっています。「いいね!」してもらえたら嬉しいです。

posted by スマイリー at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) |   食事