2016年06月30日

断乳してから預けるとなぜ良いのか?

断乳することに抵抗がある方もおられると思います。でも、やはり保育園に長時間預けようとしていて、1歳になっているなら、断乳した方が子どもにとってもお母さんにとっても良いと思います。

特に、時間を決めずに欲しがったら欲しがるだけあげている場合は、回数を減らしていって断乳した方が良いですよ。母乳が泣き止む手段になってしまうと、保育園で泣き止ませるのが困難になってしまいます。

母乳以外の方法で泣き止むことができるようにしておいて下さい。スキンシップは抱っこだけで十分です。時々、ギュッと抱きしめてあげれば大丈夫、愛情が感じられれば子どもは安心できるんですよ。

   P1070755.jpg
   (やっと完成した梅雨の製作です)

断乳することで、あまり食べなかったご飯もたくさん食べられるようになりますし、夜もぐっすり眠ってくれるようになります。

心身ともに安定した状態で預けられると良いですね。

posted by スマイリー at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て&保育

2016年06月29日

預ける前の準備

預ける前にしておくべきことの続きです。

0歳で預けるときは、哺乳瓶に慣れるようにしておく必要があります。母乳は絞って持ってこれるので、粉ミルクに慣れる必要はありませんが、哺乳瓶には慣れておかないと長時間預けるのは難しくなります。

後期食くらいになっていれば、多少はスプーンでも飲ませることはできますが、それ以前だと全く飲めないのは赤ちゃんもかわいそうですよね。

おっぱいの出るお母さんが飲ませると嫌がっても、他の人なら飲めることもあるので、試してもらっても良いと思いますよ。

   P1070742.jpg
   (ベビーカーで爆睡中の赤ちゃんと階段の上り下りを楽しむ1歳)

後期食でも後半になっていれば、そろそろ断乳しても良いかも。預けないならば長く飲ませても良いですが、お母さんがあげられない状況になるなら、早めに切り上げるのも一つの方法です。

posted by スマイリー at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て&保育

2016年06月28日

暑い日の睡眠

今日は曇っていてまだ過ごしやすいですが、最近暑い日が多くて寝苦しいときもありますね。

お昼寝している子どもたちも驚くほど汗をかいています。

かといって、途中で着替えさせるわけにはいかないですよね?そういうとき便利なのがこの方法。

   P1070644.jpg
   (汗かきの3歳さんにモデルをしてもらいました)

わかりますか? 寝る時に背中に小さなタオルを入れておきます。

それを一番汗をかくと言われている眠ってすぐ〜1時間くらいした頃にそっと引き抜きます。

そうすれば着替えたのと同じ効果があるんですよ。

写真ではわかりやすいようにかなり飛び出していますが、このままでは寝にくいのでもう少しきちんと入れるほうがいいですよ。

posted by スマイリー at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) |   睡眠

2016年06月27日

寝る前に読む絵本

夜寝る前に絵本を読み聞かせる方、多いと思います。

普段はともかく、寝る前に読むときはあまり興奮させないように、感情を込めすぎないようにしてくださいね。眠りを誘おうとしているのですから、大きな声で感情豊かに読んでしまうと、子どもは興奮してしまいます。

内容もあまり怖くない物が良いですね。「ねないこだれだ」とかつい読みたくなりますが、これを感情豊かに声色を変えて読んでしまうと、子どもはドキドキして眠れなくなりそう・・。もしこれを選んでもあまり興奮させない程度に読むようにしましょう。後で「寝なかったらお化けくるよ!」なんて脅すのはダメですよ。

   P1070736.jpg
   (あまりの暑さにちょっと水あそび)

大人でも同じですよね?ホラー物なんて見ちゃったら、ドキドキして寝つきにくくなりますし、眠ってからも悪夢を見てしまうこともありますよね。子どもも同じなんです。

posted by スマイリー at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) |   睡眠

2016年06月24日

早寝早起き

昨日、早寝早起きの生活リズムを整えるためには、まず早く起こすことから始めるようにと書きましたね。

今まで9時頃に起きていた子どもを、いきなり7時に起こすのは難しいので、15分くらいずつ早めに起こすようにしていってください。起きたら、太陽の光を部屋に取り入れてみると目覚めやすいようです。

早起きに慣れてきたら、少しずつ夜も早く眠れるようになってくると思います。

   P1070572.jpg

夕食の時間も決めて、それ以降毎日同じ流れで眠りに誘うと早寝の習慣もついてきますよ。例えば、夕食→お風呂→絵本を読む→眠る というように。

寝るためには、一度上がった体温を下げる必要があるので、ぬるめのお風呂に1時間前くらいに入ると良い感じ。そして、テレビやパソコン、スマホなどの画面は刺激が強すぎるので、食後は見せないようにしたほうがいいですよ。もちろん、大人も子どもが眠るまでは見ないように。

posted by スマイリー at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) |   睡眠

2016年06月23日

子どもを預ける前に準備すること

初めて集団に入る場合は、予想以上に病気をもらいやすいので、体調が良いときに受けられる予防接種を受けておくようにしましょう。

また、少しでも健康に過ごせるように、生活リズムを整えることも大切です。

   P1070730.jpg
   (雨上がりの公園と言えば水たまり!)

早寝早起きを心掛けましょう。まずは、早起きから始めると良いですよ。どんなに遅く寝たとしても早く起こす!朝から機嫌が悪いとイライラしてしまうでしょうが、お仕事が始まったら、保育園に毎日預けることになったら結局は早起きしないといけないのですから、時間を決めて起こすようにしましょう。

朝が起きられるようになると、夜も寝やすくなりますよ。

   P1070731.jpg
   (水たまりにトラックが!)

早起きして、朝ご飯をしっかり食べると、頭も体もすっきり目覚めて機嫌よく過ごせるようになります。

posted by スマイリー at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て&保育

2016年06月22日

初めて子どもを預ける日までの準備、月極保育の場合

お仕事が始まるから毎日預けないといけなくなると、お母さん自身も準備が大変になりますね。

初日までに何をしておくべきか?を書いてみます。

まず、持ち物等の準備は早めにしておいてください。オムツやおしりふきなんかはすぐに用意できますから前日でも良いですが、意外と足りなくなるのは着替えです。今までの枚数では絶対に足りなくなります。保育園と家と2か所に置いておかないといけませんから、単純に考えても倍は要ることになります。

   P1070720.jpg
   (砂場で固まってあそんでいます)

保育園には高価な服は要りません。安くても良いので枚数を増やすことを重視してください。そして、脱ぎ着しやすい物。園によってはボタンはダメとか、つなぎはダメとかありますから、よく聞いておいてくださいね(スマイリーは動きやすければオッケーです)。


   P1070721.jpg
   (滑り台を滑り終わってくつろいでいる1歳)

後は、帽子や靴などサイズが合っているか確認することも大事ですよ。帽子は支給される園もありますが、靴は大抵の場合用意しないといけませんから、もし新しい靴になるなら、しばらく履いて慣らすようにしてくださいね。

続きはまた明日にでも。

posted by スマイリー at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て&保育

2016年06月21日

初めて預ける日の朝まで

保育園に預けようと決めてからは、当日の朝までしっかり子どもに伝えることが大切です。

生後数か月の赤ちゃんは言わなくても良いですが、人見知りが始まるくらいになっているなら、きちんと話しておいて下さい。

「お母さんやお父さんとバイバイするけど、ちゃんと迎えに行くから待っててね」というように。

   P1070715.jpg
   (すべり台を楽しむ1歳)

1歳以上になっているなら「お母さんやお父さんがどこに行って、何をするから、○○ちゃんは保育園で待っててね」というようにもう少し詳しく言っておいて下さい。

ここでも不安にならないように、保育園は楽しい所なんだよ〜というのもしっかり伝えておくとより良いですよ。

お子さんはもちろん、親御さんも安心して預けられるようにちゃんと心の準備しておくことが大切です。

posted by スマイリー at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て&保育

2016年06月20日

初めて預ける時は

初めてお子さんと別れて預ける時、親御さんもかなり不安になると思います。さみしいですしね・・。

初めてのときは泣くのが当然なのですが、泣かれてしまうと余計に別れが辛くなりますよね。でも、そこで親御さんまで不安になってしまうと、子どもも余計に不安になります。

   P1070713.jpg
   (滑り台を楽しんでいる1歳)


保育士は泣かれることに慣れていますから、とにかく信頼して任せて、何でもないことのようにサラリとお別れして下さい。「ごめんね・・ごめんね・・」とおっしゃる方もおられますが、これは禁句。

預けることを申し訳ないと思わないで「楽しい所に連れて来てあげたんだよ」くらいの気持ちになってお別れして下さい。

「楽しくあそんでてね」という言葉でお別れできると良いですね。そして「すぐ来るから待っててね」とか「お仕事(用事)が終わったら来るからね」など、必ずお迎えに来ることを伝えてください。

必ず来てくれるとわかれば、子どももすぐに泣き止んであそべるようになりますよ。

posted by スマイリー at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て&保育

2016年06月17日

雨上がりの公園・・当然びしょ濡れ?

昨日の雨で泥だらけだろうな・・と思いつつ、公園へ。

   P1070695.jpg

意外と水たまりはブランコの下だけでした・・が、ためらいもなく進入した子ども。

当然、1人で終わるはずもなく、

   P1070706.jpg


一番深い所にしゃがみこんであそんでいました。

   P1070708.jpg


最終的には水たまりの中をウロウロ・・。

   

楽しそうでした! 服と靴は大変なことになってしまいましたが(泣)


インスタグラムでも写真公開中です。#ちっちゃな保育園スマイリー で検索してみてください。