2012年10月31日

つかまり立ち

つかまり立ちができるようになると、伝い歩きはすぐに始める子どもが多いです。

つかまり立ちしている子どもに、好きな玩具などを少し離れた所から見せると一生懸命伝って歩きます。

この時期も、つかまり立ちのときと同じように、うまくつかめなくて倒れたり、手が滑ってうまく伝えずにあごを打ったりすることがあるので、注意が必要です。

また、急にできるようになるので、危険な物を置く場所に気をつけてください。今まで手が届いていなかったからといって、安心できないですよ。
posted by スマイリー at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て&保育
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59696159
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック